荷造りは引っ越しの天国と地獄を左右する

引っ越しで何が大変ってダンボールに詰めること!というのは前回書いた通り。

「ダンボールに詰める量をまず減らす」これが第一歩。

でも絶対にゼロにはならないので、引っ越しの日までにコツコツを詰めていきます。

では私が詰めていく手順・ポイントを順番にお伝えします♪

 

 

まず詰めていくのは・・・

飾り・アルバム・思い出系

ハイ、飾りはなくても引っ越すまでに全然困りません!

思い出に浸る時間はないのです~

迷わずさっさと詰めましょう。

 

 

そして思い出のアルバムや子供の書いてくれたお手紙・芸術的な絵・工作の数々。

この愛しいものたち!

これも引っ越しでバタバタしているときには使いません。

迷わず詰める!

 

 

むしろ、ダンボールに詰めなくて済むようにきっちり閉まるケースなどに普段から保管しておくことをおススメします♪

我が家では子供達の作品や手紙・絵などはそれぞれどちらのものかわかるようにして一人一つの箱にまとめています。

 

食器類

食器って割と多くありませんか??

我が家は・・・結構多いんです。

私、食器が結構好きで。

 

割られたら泣いちゃうよ!!っていうお気に入りの北欧食器や、ポーセラーツで自分が作った食器、沖縄旅行で買ったやむちん、子供の名入れ食器・・・

 

これらもね、さっさとしまいます!

残すのは毎日使う茶碗とお椀と洋皿が人数分くらいでなんとかなります。

プレートご飯みたいにしてもいいしね。

大事に包んでしまってしまいましょう。

 

衣類はむしろ、何もしなくていいようにしておこう

 

衣類は我が家、基本的にダンボールには一切入れません。

 

衣装ケースごと引っ越し屋さんに持って行ってもらうか、引っ越し屋さんのハンガーラックにかけて持って行ってもらうか。

クローゼットからハンガーラックへ。

 

そして新居では、ハンガーラックからクローゼットへ。

子供の衣類はすべて衣装ケースへ普段から収納しておき、そのまま移動。

 

そっくりそのまま引っ越し先の新居に移す感じ。

タンスは所持していないのです。

洋服ダンス、転勤族には使い勝手が良くないと思うんですよね。

 

難関は・・・おもちゃ

これがやっかいですね(*’▽’)

早めにしまうと子供たちに「まだ使うのに!!!」と結局ぜーーーんぶ出された~~( ゚Д゚)なんてことも・・・

 

よって、おもちゃは、、、子供にばれないようにこっそりと不要なもの(母的に)を捨てる!まずここからです(笑)

 

そして使わないものを子供たちに選んで自分でダンボールにしまってもらいます。

もちろん捨てていいものあるかどうかここで確認しますが、

子供的に捨てていいものはほとんどないらしいので、全て大切に新居に持っていきたいと言われます(+o+)

 

詰めずに残しておいてね!

と、ここまではダンボールに詰めるものたちですが、逆に最後まで詰めてはならないものもあります。

貴重品は別として、

 

最後まで詰めてはならないのは、

掃除機!雑巾!ゴミ袋!これは、残しましょう。

引っ越し屋さんが荷物をトラックに乗せてくれているときに私は掃除機と雑巾片手に部屋中を掃除しまくります。

 

一度、失敗したことが・・・

ダイソンのハンディクリーナーだけを残して、メインの掃除機は既に引っ越しのトラックに乗せてしまったのです。

途中でダイソン、、充電切れ( ゚Д゚)これは失敗でした。

充電が長くもつものか、コードがある掃除機をおすすめします。

雑巾で隅々まできれいに拭いたら、雑巾もゴミ袋にインしてポイ!です。

引っ越し屋さんが荷出ししている最中に部屋を綺麗にしておくと、鍵の引き渡し・部屋の退去手続きをスムーズにすることができます。

参考にしてみてください♪

では(^^♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

千鶴

転勤族の妻歴10年。 引っ越し回数は7回!もう引っ越しのプロです☆彡 転勤族の妻でありながら、15年一部上場企業で正社員として勤務し、 北は北海道から西は大阪まで全国転勤しながらワーキングマザーとして 働いてきました。 転勤族の妻にとって「仕事を続ける」ということは本当にハードルが高い!! 転妻だけど、何かできないか模索している方、生活を少し変えてみたいあなたの力になりたい。 そんな思いからこのブログを書いています。