転勤先の新居。決める基準は?

台風21号。

各地で大きな被害がありましたね。

被災された方、お見舞い申し上げます。

 

休校はご近所で助け合う

うちの子の校区は前日から休校が決まっていました。

 

私と子供達3人で最強台風の中、家にいるのか・・・

どうしようかな・・・と思いましたが、

マンションのお隣さんのお子さんも幼稚園が休園とのこと。

家に来てもらい、みんなで一緒に過ごすことにしました。

 

子供達同士で遊び、ママ同士でコーヒー見ながら

NHKを見ていたら・・・

停電。

 

 

もし、母子3人で朝から過ごしていたら

私も子供達もどれだけ不安な1日だったことか。

マンションのお隣さんには本当に良くしてもらっていて

家族ぐるみでのお付き合い。

住居選びって重要だと改めて感じました。

 


転勤先の新居はどうしよう?

 

 

まずは物件の形態でしょうか??

 

賃貸マンション?

分譲マンションの賃貸?

一戸建ての賃貸?

 

転勤族の仮住まいです。

選択肢はそう多くはありません。

しかも、時間との勝負です。

 

何せ、4/1付けの異動の場合、3月上旬から中旬には一斉に動きがありますからね。

物件も引っ越し業者も早い者勝ちです。

 

 

まずは地域を決めることになりますよね。

 

 

地域選びの基準はこちらの記事にまとめました。

転勤!引っ越し先の地域を決める基準は?

 

地域を決めた後は、大変だけど楽しい!?物件探しですね。

 

分譲マンションの賃貸物件をおすすめする理由

我が家が選ぶ第一条件は

「分譲マンションの賃貸物件」です。

我が家はこれが最重要条件で物件を探します。

 

 

築年数とか3LDKじゃないと、とか間取りがどうとか・・・

それらの前に!!!探すのは「分譲マンションの賃貸物件」

私が感じる分譲マンションの利点は、

 

 

 

ラベル名
(テキスト)

1.収納が多い

2.ゴミ出し・騒音などマナーが守られやすい

3.住人の層が似ているのでお互い様で助け合える

 

 

 

 

大きくはこの3つでしょうか。

もちろん、分譲マンションならどこでもいい!というわけではなく、選択肢がたくさんあるなら・・・

 

 

宅配BOXがほしいとか、管理人さんもできれば常駐、オートロックは必須、防犯カメラは、食洗器は・・・

など最終的には色々細かいスペックもチェックしたうえで決めますよ♪

 

 

収納が多い

 

 

これは賃貸マンションと比較すると圧倒的に分譲マンションの方が収納力があると思います。

永住する人たちが買うマンションですものね。

収納が少なっ!ということはあまりないはず。

 

 

 

賃貸マンションも見学したことは何度かありますが、

収納よりも部屋面積を多く取るところが多いため、収納の容量が少ないところが多いように思います。

 

 

水回りの収納が皆無!なんて場合は、別途棚を買ったり、

そのマンションでしか使えない収納用品を購入して余計な出費をしなければならない場合も多くあります。

2.3年しか住まない場所のために大型の収納用品を買って処分・・・

もっていないですよね。

 

 

ゴミ出し・騒音などマナーが守られやすい

 

 

マナー関連ですね、これはあくまで主観ですけど、

分譲マンションは「自分たちの持っている家」という認識があり

長く住む予定または長く住んでいる方が多くいるので、

 

マナー違反でわざわざご近所さんと揉めるようなことをする人は少ないように思います。

 

 

 

賃貸物件に住んでいた友人の話です。

友人家族が賃貸マンションに住んでいたとき、

下の階の住人が深夜遅く3時4時まで夜な夜なパーティー!?をしていたそうです。

(住んでいたのは綺麗なお姉さん一人だったらしいです)

 

 

パーティーしてもいいけど・・・朝まではやめて!!!と

その友人は大家さんに相談したのですが、

パーティーはなくなることがなかったようです・・・。

 

 

小さい子供がいたこともあり、

友人家族は子育て世帯が多い分譲マンションに引っ越していきました。

・・・だんだん分譲マンションのセールスマンのようになっていますが(笑)

あくまで私の独断と偏見です。

 

 

住人の層が似ているのでお互い様で助け合える

 

 

遠くの親戚より近くの他人・・!?

ご近所さんとのお付き合いは大切。

これは今回の台風でも感じましたが、

 

特に夫が単身赴任で母子3人で

身よりもない場所で暮らしていた期間にも強く感じました。

 

 

母子3人で暮らしていて、子供達にとって唯一の大人である私が体調を崩して40度の高熱・・・

 

もうダメだ!ご飯作れない!誰か助けて!というときがありました。

同じマンションのママさんに子供たちが食べるものと栄養ドリンクを差し入れてもらったこと、本当にありがたかったです。

我が家が引っ越しでそのマンションを去るときまで、引っ越しの荷出し中に子供たちを見ていてくれたり・・・感謝しきれません。

マンションに子供がいる世帯が多ければ、情報交換もしやすいし、子供たちも保育園以外にお友達ができる。

 

まとめ

 

賃貸マンションで助け合えないというわけではないんです。

ただ、分譲マンションだとマンションによって住人のカラーがありますよね。

これは地域にもよりますし、マンションのスペックにもよるものも大きいのだと思います。

 

 

 

定年退職したあとの夫婦2人で住んでいる人が多いマンション。

子育て世帯が多いマンション。

DINKS世帯が多いマンション。

 

 

 

自分達に合った家探しができるといいですね♡

 

 

ちなみに我が家は、次の転勤先では分譲マンションの賃貸だけでなく、

一戸建ての賃貸物件も含めて探そうかな?と思っています。

 

 

以前はよちよち歩きの赤ちゃんだった娘♡が大きくなってきてお転婆さんになってきたので、一戸建てもいいかな~と思って!(*’▽’)

賃貸物件はあるのかな?

では(^^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

千鶴

転勤族の妻歴10年。 引っ越し回数は7回!もう引っ越しのプロです☆彡 転勤族の妻でありながら、15年一部上場企業で正社員として勤務し、 北は北海道から西は大阪まで全国転勤しながらワーキングマザーとして 働いてきました。 転勤族の妻にとって「仕事を続ける」ということは本当にハードルが高い!! 転妻だけど、何かできないか模索している方、生活を少し変えてみたいあなたの力になりたい。 そんな思いからこのブログを書いています。