転勤族の妻は孤独?転勤族の妻で良かったこともあるよ!

転勤族の妻で良かったーー!って思うこと、ありますか?

 

私は「うち、転勤族なの~」と話すと、ママ友からは「えぇ~大変だねぇ」「地元に帰りたいでしょ?!」「私には無理~」なんてよく言われます。

転勤族の妻って大変なイメージ・・という人が多いですよね。

確かに大変なことは多いかもしれませんね。

でも、転勤族の妻になったからには楽しいところに目を向けたいですよね☆

 

 

転勤族の妻で良かったことって実は結構あるんですよ!

大変なことにばかり目を向けてしまいがちですが、確かに!と思えるメリットもあるはず☆

 

 

転勤族の妻で良かった!転勤族の7つのメリット

 

旅好きにはたまらない!全国長期滞在型旅行☆彡

 

我が家は北は北海道・東北・関東・関西と、全国転々と異動しています。

北海道では最北端の北海道から函館まで週末はいつもどこかに小旅行です。

3年くらいしかいられないと思うと、行きたい場所がたくさんあるのです。

 

転勤するころには地元の人よりも、観光地に詳しくなったり?!するかもしれませんね^^

我が家は温泉も大好きなので、各地の名湯を楽しみます。

 

 

全国うまいもの市気分!グルメを楽しむ

 

美味しいものは好きですか!?

好きですよね!?

全国を転勤していると全国のご当地グルメが食べられます(*´▽`*)

 

有名なものから、初めて聞くご当地グルメ、地元ならではの新鮮食材にB級グルメ♡

ご当地ラーメンに果物に地酒に・・・・

たっくさんありますよね。

週末はグルメ旅行~なんてのもいいですね。

 

全国に友達ができる

 

これも転勤族ならでは。

離れてしまうとすぐには会えなくなりますが、今はSNSもあるし、

ちょっとしたことで連絡を取り合ったりすることも簡単にできます。

 

子供の月齢が近くて友達になったママ友、サークルで知り合った友人、

子育て支援センターで仲良くなったママ友、会社の同僚も。

 

転勤族同士が仲良くなって、集まるために中間地点の東京で集合したり。

楽しみは何倍にもなります!

 

 

 

嫌な人間関係も期限付き

これ・・ありますよね!?

この人なんか苦手~~って思ってしまう人^^;

人間だもの!

 

でも、期限付き。

ずっと仲良くお付き合いしていきたい友人とは逆に、

会わなくなったらそこで終わりにできますよね。

 

親や友人が遊びに来てくれる

 

私と夫の両親も、いずれも転勤族です。

年に数回は孫の顔を見に遊びに来てくれます。

 

転勤は楽しまなきゃ!ということを知っているからなのか?

両家の母たちは「次はあの辺に転勤して欲しいわぁ~」なんて気軽に希望を伝えてきます^^;

 

友人たちも遊びに来てくれます!

美味しいご当地グルメ、いいお宿に、いい温泉を私たち夫婦でご案内するのも楽しみの一つ^^

友人たちもまた「次はここに行ってよ!遊びに行くから!」なんて希望を出してくれます(笑)

 

物件選びの眼が肥える

 

7回引っ越しを経験した我が家。

夫も私も物件選びはかなり熟練の技?!になってきました^^

 

不動産屋さんにもチェックポイントが慣れてますね~とお墨付きをいただくほど。

 

いつかどこかで永住するときにも役に立つし、

資産価値の高い物件を選んで不動産運用・・なんて時にも役に立ちます。

子供に色々な経験をさせてあげれらる

もちろん、転校・転園なんてかわいそう!!!

その意見の方が圧倒的に多いのはわかっています。

子供にとって大変なのはよくわかります。

 

でも、全国各地の色々な場所に行き、全国のおいしいものを食べて、

各地のお祭りや行事に参加したり、いい経験になると思いませんか?

 

 

私の周りの友人たちで転校を経験してきた人って、

みんなコミュニケーション能力が高いんですよね。

やっぱり大抵は皆「転校はいやだった、大変だった」と言います。

 

でも、大人になってみれば「良い経験になったこともたくさんある」と。

子供達が大人になってそう言えるように私たち親ができることは全力でやってあげたいです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

千鶴

転勤族の妻歴10年。 引っ越し回数は7回!もう引っ越しのプロです☆彡 転勤族の妻でありながら、15年一部上場企業で正社員として勤務し、 北は北海道から西は大阪まで全国転勤しながらワーキングマザーとして 働いてきました。 転勤族の妻にとって「仕事を続ける」ということは本当にハードルが高い!! 転妻だけど、何かできないか模索している方、生活を少し変えてみたいあなたの力になりたい。 そんな思いからこのブログを書いています。